Skip to main content

まず一歩!顧客本意の連合会

身の回りのプラスチック写真集 その1

身の周りのプラスチックといっても、その材質は見た目以上に様々。 ここでは、実際に身の回りで見ることのできるプラスチック製品の素材について実際の写真を

使って説明します。 7回シリーズの第1回目です。

写真集その1(→pdfファイル4.1MB

未使用BIB(バッグインボックス)内容器の長期倉庫保管時における材質劣化調査研究

食の安全への関心の高まりから、容器の製造後の品質保証期間に関する問合せが増えてきている。今回、容器が倉庫内で長期間保管される状況を想定して、温度を80℃と高めに維持して、熱劣化を与える過酷な条件化で加速試験を行った。

まとめは「未使用BIB(バッグインボックス)内容器の長期倉庫保管時における材質劣化調査研究」(pdfファイル約2.9MB)をご参照下さい。

今回の試験研究から、BIB容器は未使用で、通常の保管状態であれば、2年位は材質の劣化は少ないと推察された。但し保管環境、特に紫外線などで外装段ボールケースが劣化すると、BIB容器の劣化も促進されることが考えられるので、たとえ未使用であっても1年以内で使い切ることを推奨する。 

灯油かんは5年を目安にお取り替えいただくのが安全です

灯油かんは、5年を目安にお取り替えいただくのが安全です。

お使いになっている灯油かんの製造年月日は灯油かんに刻印されています。灯油かんには、使用上の注意事項の表示があります。また警告ラベルが貼られています。

よく読んで安全にお使い下さい。

ダウンロードしたファイル 

灯油かん「JBA推奨制度」に関して

消費者の皆さまが引続き安心して日本ポリエチレンブロー製品工業会の会員製灯油かんをお使いいただくために、制度見直しを行い、新たに当工業会の品質保証制度として「JBA推奨制度」が発足いたしました。

灯油かん「JBA推奨制度」に関して 

平成20年度VOC排出抑制自主行動計画

日本ポリエチレンラミネート製品工業会では、平成20年度のVOC排出抑制自主行動計画を策定いたしました。既に日本プラスチック工業連盟に報告済みです。

平成20年度VOC排出抑制自主行動計画 

VOC排出抑制自主行動計画

日本ポリエチレンラミネート製品工業会では、平成19年度排出抑制自主行動計画を策定いたしました。平成22年度には基準年度の40%削減を目標としております。

当工業会の数字は日本プラスチック工業連盟に報告しております。

詳細は下記をクリックしてください。

ダウンロードしたファイル 

「接着工程」化学物質排出量等管理マニュアル」について

指定化学物質等の適正な管理および使用の合理化を図るためのマニュアル作成の手引きです。

経済産業省の 【化学物質排出把握管理促進法】のページからダウンロードしてお使い下さい

 

日本ポリエチレンラミネート製品工業会では上記、平成18年度化学物質国際規制対策推進等調査報告書 化学物質排出量等管理マニュアルの第3章接着工程の化学物質排出量等管理マニュアル作成に携わりました。

 

「接着工程」化学物質排出量等管理マニュアル」について 

環境問題への取組スタンス

工業会と会員企業の環境問題への取組スタンスをまとめて見ました。工業会と会員企業それぞれの立場でしかも連携をとり環境問題へ真摯に取組み、社会的責任を果たしてまいります。

環境問題への取組スタンス 

日本ポリエチレンラミネート製品工業会の歩みと環境問題等への取組

日本ポリエチレンラミネート製品工業会の歩みと現在の活動状況、特にVOC排出抑制・3R問題にどのように取組んでいるか、また製品安全衛生に関しての取組等をまとめて見ました。下記をクリックして工業会の活動状況を垣間見てください。

日本ポリエチレンラミネート製品工業会の歩みと環境問題等への取組