Skip to main content

まず一歩!顧客本意の連合会

化学工業日報抄録(20160112-0115)

 化学工業日報抄録(20160112-0115)⇒こちらから

【注目記事】
〇石化製品、軒並み下落・・・石油続落、中国株価も影響(12/14)
〇中国化工集団・・・独成形機大手を買収、9億ユーロ ゴム・樹脂化工を強化(13/2)
〇サントリー食品・・・PETボトルキャップ 植物由来原料30%(13/4)
〇エチレン稼働率 12月、97%に上昇・・・アジア需給ひっ迫(14/12)
〇中国・・・危険化学品環境管理登記弁法、6月めどに新法公布(15/2)
〇サントリーホールディングス・・・100%植物由来PETボトル 米に実証プラント(15/3)

*)化学・石油大手各社の2016トップインタビューも掲載されております。
住友化学、出光興産、三井化学、三菱化学、東ソー、旭化成ケミカルズ

美濃田 

化学工業日報抄録(20160101-0108)

 化学工業日報抄録(20160101-0108)⇒こちらから

【注目記事】
〇今こそ未来見据え「成長力」つけよ・・・殻を破り新たな改革を(1/1)
〇トイレタリー・日用品・・・インバウンド消費拡大「爆買い」への対応強化(1/5)
〇変革期迎えるASEAN・・・チャンス捉え成長基盤強固に(1/9)
〇年頭所感・・・経済産業大臣:林幹雄、日本化学工業協会:小林会長 他(5/1)
〇世界の農薬市場 足踏み・・・15年実績マイナス、穀物安、ドル高響く(7/1)
〇肥料 16年世界需要2%増・・・IFA見通し、農作物相場の安定で(7/8)
〇エチレン換算輸入・・・11月出超幅18%増(7/12)
〇コスモ、丸善石化を連結子会社に・・・コンビナート再編加速(8/1)
〇大成ラミック・・・食品安全方針を公開(8/10)
〇社説・・・IoT時代のモノづくりに思うこと(8/12)
以上
 

化学工業日報抄録(20151221-1228)

 化学工業日報抄録(20151221-1228)⇒こちらから

【注目記事】
〇米化学品生産、成長続く・・・投資旺盛、18年に成長率5.3%、売上高1兆ドル突破(21/1)
〇木村石連会長会見・・・油価、底値探る展開続く、反転のタイミング注視(21/12)
〇タイPTT 東南アジア製油所計画 17年に決定延期・・・立地変更、提携先決まらず
米シェール石化は続行(22/2)
〇進化へ”新陳代謝”必要・・・日化協 小林会長、来年も好調持続(24/1)
〇原油価格・・・16年は46~50ドル、シェール等下押し要因も(24/7)
〇萩原工業、新中計・・・戦略品の販売強化、マーケティングや製造プロセスの体制再構築(24/10)
〇NUC 16年は攻める年に・佐藤啓喜社長に聞く・・・次世代品で技術力に自信(24/12)
〇プラ循環協・・・廃プラ有効利用率83% 14年CO2削減効果120万トン向上(25/3)

【FY工業組合】H27年11月貿易統計資料

 【FY工業組合】H27年11月貿易統計資料
◆貿易統計資料⇒こちらから
◆同上 グラフ(H23以降同月比較⇒こちらから

【FY工業組合】H27年11月出荷実績諸資料

 【FY工業組合】H27年11月出荷実績諸資料は下記のとおりです。

①生産・出荷・在庫資料(11月実績)⇒こちらから
②出荷量推移(グラフ)(H27年11月実績)⇒こちらから
③用途別出荷量推移グラフ⇒こちらから

化学工業日報抄録(20151214-1218)

化学工業日報抄録(20151214-1218)⇒こちらから

【注目記事】
〇シェルのクラッカー停止 復旧に数ヶ月・・・エチレン需給ひっ迫へ(14/2)
〇ダウとタキガワ・コーポ・・・包装容器技術で提携(14/2)
〇ダウ・デュポン合併合意・・・3社に分割、成長加速、農業分野など再編の契機に(15/1)
〇中国 エチレン生産、最高更新へ・・・15年1700万トン超え確実(15/2)
〇アジア市況 プロピレン底打つ・・・PDH、OCU稼働調整で(15/5)
〇化学業界 TPP生かし輸出拡大を・・・調達や加工、最適化で恩恵、原産地「自己証明」も有用(16/1)
〇中国政府 危険物工場の移転促進・・・支援基金を準備、化工園区に集約(16/3)
〇社説・・・聖域なき構造改革 臆せず挑むべし(17/12)
〇産廃由来の原料・・・成型品CFP登録を開始・プラリサイクル協会、プラ有効利用組合(18/3)
〇原油需給、16年末までに均衡・・・ロシア・エネルギー相が見解(18/7)

<SDS関連資料>

 <SDS関連諸資料>
◆SDS,改正安衛法に関して⇒こちらから
◆GHS,SDS説明資料⇒こちらから
◆GHS対応SDSの例(トルエン)⇒こちらから

会でのトピックスとして、来年6月に施行されます「改正安衛法」の
内容説明を行いましたところ、SDSに関するご質問もでましたので、
ご参考までに関連資料を掲示させていただきます。
ご参考になりましたら幸いです。

美濃田

化学工業日報抄録(20151207-1211)

 化学工業日報抄録(20151207-1211)⇒こちらから

【注目記事】
〇凸版印刷・・・耐久性5倍以上 産業用シート 原材料にバイイオPE使用(07/1)
〇JX-東燃ゼネ統合合意・・・国際競争力に危機感 勝ち残りへ経営資源集結(07/12)
〇ユニチカ・・・ナイロンフィルム 中国生産から撤退(08/1)
〇エチレン11月生産・・・フル操業を継続(08/12)
〇木村康石連会長会見、OPEC総会にコメント・・・原油価格 当面現行水準で推移(08/12)
〇ベトナム化学産業・・・TPP弾みに投資期待、石化など川上分野に力(09/1)
〇中国 中化集団泉州石化・・・100万トンエチレン新設認可取得(09/3)
〇中国 飲料ボトル用シュリンクフィルムのPET化進展・・・価格下落、加工技術が向上(09/3)
〇シンガポール シェル FM(不可抗力による供給不能)宣言(09/3)
〇PETボトルリサイクル推進協 14年度報告・・・軽量化率15.6%達成

化学工業日報抄録(20151130-1204)

 化学工業日報抄録(20151130-1204)⇒こちらから

【注目記事】
〇蒸留塔・・・COP21関連記事(30/1)
〇温暖化被害を最小限に・・・「適応計画」を閣議決定(30/11)
〇社説・・・石油元売り再編に石化との連携必須(30/12)
〇PE国内需給ひっ迫・・・輸入減少も国産補えず(30/12)
〇エチレン強含み継ぐ・・・日韓の輸出減など、供給不足要因多く(2/8)
〇10月の石油製品CIF単価・・・灯油除き下落、石油3.43ドル下落(3/10)
〇エチレン換算輸出入・・・10月出超23%増(3/10)
〇三菱樹脂 フィルム加工3社統合(3/12)
〇JX-東燃が基本合意・・・クラッカー統合も検討課題に 石油2強時代に(4/1)
(3/1)にも関係記事有
〇10月のPPフィルム出荷・・・OPP6%増、CPP0.1%増(4/10)

以上

化学工業日報抄録(20151124-1127)

 化学工業日報抄録(20151124-1127)⇒こちらから

注目記事】
〇米国プラスチック工業協会(SPI)国際・流通部門副会長 マイケル・テイラー氏

アジア進出、TPP起爆剤・・・高い競争力で成長戦略(24/2)

〇エチレン用輸入ナフサ・・・10月は3万8051円、4ヶ月連続下落(24/13)

〇東レ首脳会見、中国減速も「チャンス」、高付加価値分野で攻勢、中計目標達成に自信(25/20)

〇サン・トックス・・・関東でOPP年2万トン増強(25/20)

〇中国 プロピレン輸入・・・前年割れへ、PDH等能力拡大 1~10月7%減(26/8)

〇社説・・・大気中のCO2濃度が危機的水準に(26/12)

〇中国の危険化学品規制・・・華東全域に影響拡大、蘇州でも倉庫閉鎖相次ぐ(27/2)