Skip to main content

まず一歩!顧客本意の連合会

化学工業日報抄録(2019年2月18日~2月21日)

 化学工業日報抄録(2019年2月18日~2月21日)⇒こちらから

【注目記事】
〇社説・・・米中動向に鑑み重要性増す日独連携(18/2)
〇エチレン系石化製品 18年内需 前年割れ・・・定修集中で輸出8%割れ(19/2)
〇酢酸エチルに底打ち感・・・酢酸定修を控え先高観も(19/4)
〇12月のプラ製品出荷・・・前年並みの47.1万トン(19/4)
〇工場ルポ 東洋アルミニウム 蒲原製造所・・・高性能アルミ箔開発へ(19/5)
〇PDH中国で相次ぎ稼働・・・年内に3基、計185万㌧ PP等誘導品計画対応(19/12)
〇「炭素価格付け」負担増どこまで 環境省、導入議論を本格化・・・エネコスト懸念(20/4)
〇環境省と日本財団、「海ごみゼロウイーク」設定・・・2000カ所で一斉清掃(20/4)
〇豊洲市場・・・発泡スチロール容器 板状にリサイクル(20/4)
〇欧州化学品庁が規制案・・・意図的マイクロプラスチックを削減(20/4)
〇蒸留塔 働き方改革(21/1)
〇社説 使い捨てプラ削減、広い視点で議論(21/2)
〇ナフサ価格強含み推移・・・韓国定修でもみ合いへ(21/4)
〇トタル 仏PPリサイクル大手買収(21/12)
〇使用ずみプラリサイクル ブラジルコンソで技術開発へ(22/12)

美濃田